病気と怪我の伝え方


スポンサードリンク

たとえ日本語であっても自分の体調の悪さや痛みの具合、症状を伝えるのは難しいものです。ましてや英語で、となるともはや極力、日本でイメージトレーニングしながら、準備しておくしかないでしょう。持病を持っている人は、英会話の練習をしながら、自分の病気について説明できるように、また現地で薬などを購入できるよう、英語での表現方法をあらかじめ確認しておきましょう。それもまた、いい勉強法になりますし、そういった文章を作っておくこと、もって歩くことも急病の際には大事なことですね。

●I feel a tired. Please call a doctor. ・・・だるいです。医者を呼んでください。
●Could recommend a hospital near here? ・・・この近くの病院を紹介してください。

何とか症状を伝えられるといいのですが・・・。
●I have a sore throat.・・・のどが痛い。
●I've been seasickness. ・・・船酔いしました。
●I've been bruised. ・・・打撲しました。
●I sprained my finger. ・・・突き指をしました。

単語にはあってもあまり使われていない単語だと理解してもらえません。
●I'm nauseous.・・・吐き気がします。
この表現はアメリカ人の大半は知りません。単語にはありますが、普段使われないとお医者さんでさえ「え?」となってしまいます。そういったときは次のようなフレーズも覚えておきましょう。この表現で分かり合うようにしたほうがスムーズです。
●I feel sick to my stomach.

あらかじめ処方箋を持っている人や、アレルギーなどがわかっている人はきちんとそれを伝えましょう。
●Please fill this prescription. ・・・この処方箋の薬をください。
●I have allergies. ・・・私はアレルギーがあります。

また海外のお医者さんにかかる場合、耳鼻科などの場合は紹介状がないと診察をしてくれないなどがありますので、点鼻薬などは日本のように気軽にもらえませんので、あらかじめ日本で用意しましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

病状を伝えるための表現
何かあって病院で、日本語の話せるスタッフ(someone who speaks ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

英会話 必ず役立つフレーズ99:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://goldendance.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策テンプレート
  • seo